スカイマーク就航空港情報が知りたい!

efa
同じ格安航空券のスカイマークに予約して乗っていても利用する空港によって使い勝手は違うもの。初めて訪れた空港だと空港カウンター一つにしてもなかなか探せなくて迷ってしまった経験はありませんか。人に聞くのが一番楽だけど聞く勇気もないし…。そんな困ったときには場所の名前を知っているだけでも安心できますね。
空港ごとのスカイマークのカウンターの場所や注意点などまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

■空港別スカイマークカウンター一覧
格安航空券スカイマークの就航空港毎に空港カウンターをまとめてみました。
・羽田空港 第一Terminal2F 北ウイング
・新千歳空港 旅客ターミナルビル2F
・茨城空港  旅客ターミナルビル1F
・名古屋空港 旅客ターミナルビル3F
・神戸空港  旅客ターミナルビル2F
・福岡空港  第3ターミナルビル1F
・長崎空港  旅客ターミナルビル1F
・鹿児島空港 国内線ターミナルビル1F
・那覇空港 国内線旅客ターミナルビル3F
スカイマークの空港によって階はさまざまですのでターミナルの位置を地図で確認しましょう。
迷ってしまうと、重い荷物をもって移動するのは大変です。

■空港毎の注意事項を把握しよう
空港によってそれぞれ注意事項がありますので是非ご利用の空港がある場合は一度目を通しておくと損はありません。
スカイマークを予約しても羽田空港・新千歳空港・中部国際空港は朝一番や深夜便に乗る場合でも、羽田空港で朝までいることは出来ません。電車の関係でどうしても間に合わない場合は近隣のホテルに宿泊していただく必要がありますので注意しましょうね。

中部国際空港は深夜便の増加に伴い、名古屋駅までの深夜バスを運行しています。電車などの交通機関は深夜帯にはありませんので利用するようにしましょう。
また、那覇空港は、スカイマークカウンターが深夜も営業しています。深夜帯は1:30~3:05分までとなります。何か困ったことがあればすぐに相談するようにしましょう。深夜帯は1Fと2Fの空港側の出入り口のみ使用できますので間違った出入り口に行ってしまうと入ることが出来ませんのでご注意ください。

p2fafaaa
格安航空券のスカイマークを快適に利用するためにも、事前の確認は必須です。他にも駐車場の場所や料金、レストランの有無なども知っておくと便利です。空港毎に違うのにもなれると旅行先の楽しみの一つになりますよ。空港毎に美味しいグルメやミュージアムなどの施設があったり、北海道の温泉があったり、羽田空港なら飛行機を眺めながらリラックスできるデッキがあったりそれぞれに楽しみ方があります。

格安だからといってもとても快適な空の旅を提供してくれるスカイマークを予約して素晴らしい旅にしてみてはいかがでしょうか。