スカイマーク地域共生イベントジェット

スカイマークが阪神タイガーズとコラボしたって知っていますか?2016年から行われたスカイマークの新しい取り組みの一つになるのですが阪神ファンならとても気になりますよね。現在は地域限定での運航となっているのですがスカイマークの新しい取り組みとはどういった内容なのでしょうか。

■スカイマークの地域共生という考え方
スカイマークの今後のミッションとしてスタートした地域共生として始まったのが企業コラボミッションです。第一弾として神戸空港近くの阪神タイガーズとコラボすることで神戸空港について多くの人に知ってほしいという願いが込められています。神戸空港は約7割がスカイマークを発着としていて一般的に利用者が多いとされる伊丹空港よりも実は利便性に富んだ空港だということを実は多くの人が知っているようで知りません。伊丹や関西空港に比べて小さい空港ではありますが兵庫の中心地である神戸まで電車でたったの18分というとても便利な空港です。比較的新しく今年10周年を迎えたこともありスカイマークとタックを組んで今後の発展を促進してほしいですね。

■阪神タイガーズとコラボした内容を詳しく知りたい
4月27日より阪神タイガーズのロゴを機体の側面にデザインした「タイガーズジェット」が運航しています。阪神タイガーズファンにはたまりませんね。阪神ファンにならすぐにピンとくるような仕掛けもたくさん用意されています。便名は阪神タイガーズ21年ぶりのリーグ優勝と球団史上初の日本一を果たした1985年にちなんだ名前になっていたり、機内はタイガーズのイエローとブラックのヘッドレストカバーがついていたり、シートがイエローと黒の交互になっていたり、六甲おろしのメロディーが機内で流れていたり嬉しい工夫が盛りだくさんなので阪神ファンならずとも乗ってみたいと思わせるような仕組みがたくさんあります。スカイマークさんの本気度を感じますね。

いかがでしたでしょうか。今後も地域共生のコラボレーションは行われます。有名なメインの空港でないと利用者も少なく存続自体が難しくなってしまい空港としてはサビれてしまいます。そういったことを防ぐためにもスカイマークのように実は知られていない空港にもフューチャーして利用してみましょう。そこでしか発見できない景色や新しい情報を得ることが出来ません。まずはタイガーズジェットにのって神戸の街を探索してみませんか?利便性もいいので何度でも利用したくなりますよ。