スカイマーク就航空港情報が知りたい!

efa
同じ格安航空券のスカイマークに予約して乗っていても利用する空港によって使い勝手は違うもの。初めて訪れた空港だと空港カウンター一つにしてもなかなか探せなくて迷ってしまった経験はありませんか。人に聞くのが一番楽だけど聞く勇気もないし…。そんな困ったときには場所の名前を知っているだけでも安心できますね。
空港ごとのスカイマークのカウンターの場所や注意点などまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

■空港別スカイマークカウンター一覧
格安航空券スカイマークの就航空港毎に空港カウンターをまとめてみました。
・羽田空港 第一Terminal2F 北ウイング
・新千歳空港 旅客ターミナルビル2F
・茨城空港  旅客ターミナルビル1F
・名古屋空港 旅客ターミナルビル3F
・神戸空港  旅客ターミナルビル2F
・福岡空港  第3ターミナルビル1F
・長崎空港  旅客ターミナルビル1F
・鹿児島空港 国内線ターミナルビル1F
・那覇空港 国内線旅客ターミナルビル3F
スカイマークの空港によって階はさまざまですのでターミナルの位置を地図で確認しましょう。
迷ってしまうと、重い荷物をもって移動するのは大変です。

■空港毎の注意事項を把握しよう
空港によってそれぞれ注意事項がありますので是非ご利用の空港がある場合は一度目を通しておくと損はありません。
スカイマークを予約しても羽田空港・新千歳空港・中部国際空港は朝一番や深夜便に乗る場合でも、羽田空港で朝までいることは出来ません。電車の関係でどうしても間に合わない場合は近隣のホテルに宿泊していただく必要がありますので注意しましょうね。

中部国際空港は深夜便の増加に伴い、名古屋駅までの深夜バスを運行しています。電車などの交通機関は深夜帯にはありませんので利用するようにしましょう。
また、那覇空港は、スカイマークカウンターが深夜も営業しています。深夜帯は1:30~3:05分までとなります。何か困ったことがあればすぐに相談するようにしましょう。深夜帯は1Fと2Fの空港側の出入り口のみ使用できますので間違った出入り口に行ってしまうと入ることが出来ませんのでご注意ください。

p2fafaaa
格安航空券のスカイマークを快適に利用するためにも、事前の確認は必須です。他にも駐車場の場所や料金、レストランの有無なども知っておくと便利です。空港毎に違うのにもなれると旅行先の楽しみの一つになりますよ。空港毎に美味しいグルメやミュージアムなどの施設があったり、北海道の温泉があったり、羽田空港なら飛行機を眺めながらリラックスできるデッキがあったりそれぞれに楽しみ方があります。

格安だからといってもとても快適な空の旅を提供してくれるスカイマークを予約して素晴らしい旅にしてみてはいかがでしょうか。

スカイマーク就航空港ごとの本数や時間が知りたい

skymark1
スカイマークは主要な都市を中心に多くの利用者に愛される航空会社の一つです。そんなスカイマークはどこの空港からどのぐらい就航しているのか?今回は関東にある空港に焦点を当ててみていきましょう。

■羽田空港のスカイマークについて知りたい
現在スカイマークで就航している空港は18路線あり、羽田空港で5か所・茨城空港で2か所・中部空港で2か所・神戸空港6か所の移動が可能となっています。
主に羽田空港に発着の便で見てみると
・羽田空港~新千歳空港 1日8便が運航しています。
・羽田空港~神戸空港  1日7便が運航しています。
・羽田空港~福岡空港  1日11便が運航しています。
・羽田空港~鹿児島空港 1日4便が運航しています。
・羽田空港~那覇空港  1日6便が運航しています。

羽田空港からはメイン処である主要な都市を中心し数多くのビジネスマンや旅行者に利用されています。これだけ便利な場所でありながら格安運賃を守っているスカイマークってすごいですよね。
さらに、飛行機の所要時間で見ても、最短は羽田空港~神戸空港間ですが、1時間15分で到着することが出来ます。一番離れているところでも羽田空港~那覇空港で3時間と短い時間で遠くまで行くことが出来るので是非利用してみてくださいね。

■茨城空港のスカイマークについて知りたい
また関東近辺の空港として近年新しくできた茨城空港からもスカイマークは就航しています。主にこの3つの路線になります。
・茨城空港~新千歳空港 1日1便が運航しています。
・茨城空港~福岡空港  1日1便が運航しています。
・茨城空港~那覇空港  1日1便が運航しています。

茨城空港からはいずれも1日1便しか出ていませんので利用する場合は時間帯に注意してくださいね。
茨城空港が家から一番近い場合、羽田への移動距離を考ええる時間短縮・節約にもなりますしとても便利ですね。
関東には他にも成田空港がありますが現在、スカイマークは就航していません。

これだけ便利・安いが揃っている航空会社も他にはないでしょう。定期的に行われるセールや、割引運賃を使えばさらにお得に利用することが出来ます。スカイマークならではの機内サービスや今後地域共生の一環として他社とコラボレーションした飛行機など楽しみ方は盛りだくさんあります。今後国際便も増えていく予定の為まだまだ利用者の私たちに楽しみを与えてくれるスカイマークであることは間違いありませんね。今後の発展が楽しみですね。

スカイマークで新千歳空港を満喫しよう!

スカイマークで北海道旅行に行ってみませんか?スカイマークを利用すれば北海道まで驚くような値段で行くことが出来ます。多数の空港がありますがおすすめは北海道の札幌まで比較的近い新千歳空港がおすすめです。札幌市内まで約1時間で移動することが出来ます。北海道には梅雨がなく、夏終わりの時期から初雪が降る12月頃までの観光がおすすめです。さらに2月には雪まつりがあるのでスカイマークを使って安く有名な雪まつりを見てみませんか。そんな北海道の玄関空港ともいえる新千歳空港についてみてみましょう。

■北海道まで激安飛行機チケットで行けます
北海道に行くのであればスカイマークがおすすめ。なんといっても金額が安く安いタイミングで行くことが出来れば1万円以下で片道の飛行機チケットを購入することができます。
急な旅行の時はスカイマークの「いま割」を使用すればその時の空席情報にもよりますが
最安値で約6000円~予約することが出来ます。往復でも12000円となると何度でも北海道に行けちゃいそうなぐらいお得ですね。

■新千歳空港ならではのサービスが盛りだくさん
そんな千歳空港には様々なサービスがたくさんあります。
ちょっとした旅の疲れを癒すには「新千歳空港温泉」がおすすめです。朝の5:00~営業しているので朝早くついた時も手軽に利用することが出来ます。料金は大人800円・子供400円と安いのも嬉しいですね。また、悪天候で飛行機が飛ばないときにも利用でき、ゆっくり休む場所が空港にあるのは嬉しいです。別料金で浴衣セットなどの貸し出しもありますので出張のひと時に「新千歳空港温泉」でお休みするのもいいですね。

新千歳空港には限定のスイーツがたくさんあります。スカイマークを利用した分、北海道のおいしいグルメをもっと満喫したいなんていうちょっとお得な旅行の楽しみ方も出来ますね。有名なところだと花畑牧場や、キャラメルキッチンなど北海道ならではの美味しいものがたくさんあります。

北海道に行くのであれば飛行機の時間に少し余裕をもっていくようにしましょう。新千歳空港は「ぷらっと」見られるサービスがたくさんあるのでわくわくし、時間を忘れてしまうことでしょう。新千歳空港の公式サイトを見ると搭乗までの残り時間が80分・120分・180分かによって遊べるおすすめの内容が掲載されています。遊びも食事もお土産もすべてを楽しむことが出来るのが新千歳空港です。他の空港と比較しても新千歳空港は思っている以上に広いので迷わないように気を付けてくださいね。

スカイマーク地域共生イベントジェット

スカイマークが阪神タイガーズとコラボしたって知っていますか?2016年から行われたスカイマークの新しい取り組みの一つになるのですが阪神ファンならとても気になりますよね。現在は地域限定での運航となっているのですがスカイマークの新しい取り組みとはどういった内容なのでしょうか。

■スカイマークの地域共生という考え方
スカイマークの今後のミッションとしてスタートした地域共生として始まったのが企業コラボミッションです。第一弾として神戸空港近くの阪神タイガーズとコラボすることで神戸空港について多くの人に知ってほしいという願いが込められています。神戸空港は約7割がスカイマークを発着としていて一般的に利用者が多いとされる伊丹空港よりも実は利便性に富んだ空港だということを実は多くの人が知っているようで知りません。伊丹や関西空港に比べて小さい空港ではありますが兵庫の中心地である神戸まで電車でたったの18分というとても便利な空港です。比較的新しく今年10周年を迎えたこともありスカイマークとタックを組んで今後の発展を促進してほしいですね。

■阪神タイガーズとコラボした内容を詳しく知りたい
4月27日より阪神タイガーズのロゴを機体の側面にデザインした「タイガーズジェット」が運航しています。阪神タイガーズファンにはたまりませんね。阪神ファンにならすぐにピンとくるような仕掛けもたくさん用意されています。便名は阪神タイガーズ21年ぶりのリーグ優勝と球団史上初の日本一を果たした1985年にちなんだ名前になっていたり、機内はタイガーズのイエローとブラックのヘッドレストカバーがついていたり、シートがイエローと黒の交互になっていたり、六甲おろしのメロディーが機内で流れていたり嬉しい工夫が盛りだくさんなので阪神ファンならずとも乗ってみたいと思わせるような仕組みがたくさんあります。スカイマークさんの本気度を感じますね。

いかがでしたでしょうか。今後も地域共生のコラボレーションは行われます。有名なメインの空港でないと利用者も少なく存続自体が難しくなってしまい空港としてはサビれてしまいます。そういったことを防ぐためにもスカイマークのように実は知られていない空港にもフューチャーして利用してみましょう。そこでしか発見できない景色や新しい情報を得ることが出来ません。まずはタイガーズジェットにのって神戸の街を探索してみませんか?利便性もいいので何度でも利用したくなりますよ。

羽田空港のスカイマーク利用の仕方について

いざ、スカイマークを利用して東京観光となった場合、まず第一個目の難関として羽田空港が迷路のような構造になっていることでしょう。羽田空港は、近年国際線のターミナルが出来たことでもともと広い空港でしたがさらに広く初めてでない人でも迷ってしまう程の広さがあります。スカイマークを利用した場合どのように移動したらいいのか、まとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

■実はとても広い、羽田空港国内線ターミナル
羽田空港は主に、北ウイングと南ウイングに分かれています。北ウイングはJAL(北海道・東北・北陸・東海・近畿方面)やスカイマークの発着、南ウイングはJAL(中国・四国
九州・沖縄方面)・日本トランスオーシャン航空・スターフライヤーに分かれています。
このウイングの場所を間違えてしまうだけでも相当時間のロスになります。スカイマークは羽田国内線第一ターミナル2階のウイングに降り立ちます。そこから手荷物所に移動し、預けた荷物を受け取った後は、移動する必要があります。この移動がわかりにくく迷っている人を多く見かけますので事前に移動手段は考えておきましょう。

■羽田空港からの移動手段にはどんな方法があるの?
羽田空港から移動する手段は複数あります。
・京急線(浅草線直通)なら、羽で空港から品川駅までたったの14分で移動することが出来ます。品川駅に行けばJRなども通っていますし、駅ビルでお昼を食べるのもいいですね。
・空港リムジンバスなら、豊富な行先から選択できるので電車には自信がないなって方でも、乗る方面すら間違えなければ乗り換えなどなく目的地に到着することが出来ます。さらにバスなら重い荷物も預けてしまえるので手ぶらで座りながら移動することが出来ます。
・タクシーなどの移動もありますが東京の中心まで行く場合1万円程かかる場合があります。定額制を取り入れているので最初に金額を聞いてから検討するようにしましょう。
タクシーの場合、ドアtoドアなので便利であることは間違いありませんね。また人数が3~4人の移動などを考えると割り勘ならお得な場合もあります。

なれない空港でもポイントを押さえておけば迷うことなく時間を無駄にしてしまう心配もありません。新しく出来た国際線のお土産売り場も魅力的な場所なので時間がある人はぜひ一度覗いてほしいものです。また、帰省するときはなるべく早く空港に向かうようにしましょう。また京急線で移動する場合、くれぐれも「羽田国際線ターミナル」で降りてしまうことがないように気を付けてくださいね。